守る人々

言葉には文脈というものがあり、隠れた意図が潜むことがある。奥にある意図を理解しながら会話ができることを我々は知的と感じる。ただ、この深読みをしすぎると自分のなかで勝手に話が膨らんでしまい、次第に敵意を意識し、それから自らを守るようになることがある。私はこのような性質を持った人を、守る人々と呼んでいる。

守る人々は、他人の言葉には裏があり、人間はあまり信用できないという人間観を持っている。他人の言葉には自分を攻撃する意図が潜むことが多いと考えていて、それについて常に身構えている。守る人々の会話はいろいろと展開するが大きくは自分は低く見られていないかという警戒心と対抗心が前提にある。

守る人々と問題点を話し合う時に、気をつけなければならないのはあくまで議論を抽象的に空中に置かねばならないということだ。具体的になり個人の行動を振り返るようになった途端、守る人々の意識のほとんどは”私のせいじゃない”に向けられ、議論が噛み合わなくなる。そうすると会話も必然、傷つけないように意識されることが第一に置かれ、表面ではグルーミング的な会話に終始し、本当の話は会議室の外で行われる。

守る人々は一定以上に想像力がある。それほど想像力が働かなければ他人の言葉の裏を考えすぎたりしなくていい。だが残念ながら想像力が働いてしまい言葉の裏を読んでしまう。正確には読もうとしているというよりもほぼ自動的に自身の中で変換されてしまっている。守る人々は反射的に言葉をそのまま受け取れなくなっていて、自分の人間観を介して受け取った言葉に反応するのだが、その返答には奥に自らの防衛の意図が隠されているので、それが相手の警戒心を引き起こす。そしてより疑い深さが強化されるというプロセスが繰り返されている。

守る人々は落ち着いて会話をすることができない。会話の最中落ち着いて相手に興味を持ったり考えに思いを巡らせることができない。特に大人数での会話は意図の意図を読みすぎて混乱し非常に疲れる。守る人々と本当に打ち解けて話そうと思うと会話の大部分をマッサージ的にする必要がある。私はあなたの敵ではないし、あなたを貶める意図もありませんということを繰り返す必要がある。それが閾値を越えるとようやくゆったりとした会話が始まる。ただし、一瞬でも琴線に触れるとまたファイティングポーズをとるので、グルーミングに戻ることになる。

俯瞰してみれば、他人が自分をバカにしたところで、嫌味や皮肉を言われたところで、自分自身の人生とは関係がない。守る人々は自分の価値と他人の評価を切り離せない。守る人々が守っている自己イメージが変化することをさほど他人は気にしていないが、わかっていてもそれを投げ出すことができない。守る人々はこうであらねばならないに縛られている。

守る人々には癒しが必要である。より多くの休息時間と、気を使わないで済むコミュニケーションがいる。満たされている間は守る人々はリラックスすることができる。もしこれらが不足すれば、一人の時間すら、過去に行われた会話においてこんな意図があったのではないか、または自らの言動がこのように受け取られてはいないかということで頭がいっぱいになる。守る人々にとっての休息とは想像することが止まることである。

  • 2018.01.20 Saturday
  • -
  • 20:06
  • -
  • -

面倒見のいい先生

我々が学生の頃、面倒見のいい先生がいて、大学を紹介してくれたり、就職先を紹介してくれたりした。あそこにいくと、ちゃんと就職まで面倒見てくれるからという話は、大学選びの際に結構話されていた。ただ紹介してくれるだけだったらよくある話だが、スポーツの場合、会社の人事部にうまく差し込んで、普通のプロセスとは違うルートで入ったりする。ある意味下駄を履かせることになる。

大学を卒業し就職する時、面倒見のいい会社の条件は、引退してもちゃんと社員として雇用してくれるということを意味していた。選手だって怪我をしたり何が起きるかわからない。だから、仮にそうなったとしても会社が面倒を見てくれることが大事で、面倒見がいい会社はそれをやってくれる。そんな話だった。

面倒見のいい会社も、面倒見のいい先生も、いい人たちばっかりだった。何かあれば守ってくれるし、困ったら助けてくれる。とにかくその仲間内に入ると面倒を見てくれた。本当に我々が大学生の頃まではそれが一番幸せとも思えた。

あれから20年間、業績が不振で陸上部を廃止した企業がいくつもある。いくら会社が面倒を見てくれるといっても、会社自体がなくなってしまえば面倒を見ることはできなくなるし、会社も会社自体が存続できるかどうかという時には、なりふり構わない。生涯面倒を見てくれるためには、所属しているところが永遠に続かなければならないが、当たり前だけれどそこまでは相手も保証してくれない。

面倒見のいい学校の先生も最近はやりにくくなった。問題はガバナンス。要は面倒見がいいということは、裏を返せば人事に私的な理由を混ぜるいうことで、昔ほどそれはおおっぴらにできなくなったらしい。考えてみれば、組織や公共の利益より、自分とはいかないまでも身内の利益を優先する人がたくさんいる組織は、社会に貢献することを優先する人がたくさんいる組織よりは、弱くなる可能性が高い。

結局のところ、働く環境が改善されていけば、必然に風通しがよくなり実力主義に近くなる。女性だからとか、非正規だからとか、不当に低く評価されていた人たちをちゃんと評価しましょうというのが公平にするということであり、風通しがよく公平になれば、面倒は見づらくなる。自分の力で頑張ってもらうしかないし、何かできるならそれは公平ではないことになる。

いきなり世の中が変わっていくとは思わないが、それでも徐々に変化していくのだろうと私は思っている。誰も嘘をついているわけではなく、ただ現実に生涯面倒を見れる人なんていない。少なくとも自分がいつ死ぬかなんてコントロールできないし、組織も同じだと思う。そのぐらいのつもりで付き合うよという気持ちの表れだと思う。それはうれしいが、受け取る側が本気になるとことは厄介だ。

大したアドバイスもくれず、自分でやればと突き放してきたあの人の優しさがわかるようになってきた。何も言わず、さりげなく自助論を渡してきた人もいた。本当の優しさとは何か、本当に自分にとっていいこととは何かが、歳をとると変化してくる。

 

小森 清敬

 

 

  • 2017.09.07 Thursday
  • -
  • 19:23
  • -
  • -

小森自宅塾 復活

<小森自宅塾>

 

小森塾の原点、自宅塾が復活!

 

畳部屋で座布団に座り、向かい合いながら対面授業

 

各時間帯、定員4名(無学年制)

 

時間帯

火曜日 18時00分〜19時00分・19時30分〜21時00分

水曜日 19時30分〜21時00分

金曜日 19時30分〜21時00分

土曜日・日曜日は要相談

   

 

  • 2017.07.24 Monday
  • -
  • 13:27
  • -
  • -

講演会

ネット/スマホ依存を心配する保護者のための相談講座の

講師として静岡市発達障害者支援センター「きらり」様で講演会を行いました。

 

 

 

 

小 森 清 敬

 

 

  • 2017.02.18 Saturday
  • -
  • 21:03
  • -
  • -

ネット/スマホ依存を心配する 保護者のための相談講座について

ネット/スマホ依存を心配する

     保護者のための相談講座

 

‖仂歇圈ΑΑ子供のネット・スマホ依存を心配する保護者・関係者

開催日・・・2017年2月17日(金)10時00分〜11時30分

場所・・・静岡市発達障害者支援センター「きらり」4F

つ螳・・・20名

ス峪奸ΑΑ小森 清敬

参加費・・・無料

Э醜期日・・・2月5日(日)

┸醜み方法・・・精華学園高校 清水校へ直接TEL

   054-364-7700

 

 

主催 NPO法人 静岡ICT

協賛 静岡市発達障害支援センター「きらり」

 

 

 

 

  • 2017.01.12 Thursday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -

平成29年度 新入生 募集

 

平成29年度 小森塾生 募集

 <対象>


新小学5年生・新小学6年生

新中学1・2・3年生


 

小森塾 代表 小森 清敬 

  • 2016.12.06 Tuesday
  • -
  • 08:57
  • -
  • -

平成28年度 小森塾生 募集


平成28年度 小森塾生 募集

<対象>
新小学5年生・新小学6年生

新中学1・2・3年生

※新中学1年生は既に定員(満席)の為、要相談



小森塾 代表 小森 清敬




 
  • 2016.02.27 Saturday
  • -
  • 19:09
  • -
  • -

いよいよ 受験シーズン到来

梅雨入りから受験シーズン到来です。
中学3年生は修学旅行・中間テストも終わり、
中体連を残すだけとなりました。
中体連も精一杯頑張ってほしいと思います。
それと同時に、9月には第1回学調テストが控えています。
こちらも頑張らなくてはいけません。

夏を制する者は受験を制す!

小森 清敬


 
  • 2015.06.17 Wednesday
  • -
  • 10:44
  • -
  • -

静岡県高校 受験

2月5日、6日は静岡県私立高校受験日です。
小学生のころから通塾してくれている生徒が多い為、
この時期は高校受験へのモチベーションアップはもちろんですが、
高校受験終了後、生徒とのお別れがあり非常に寂しい気持ちです。
毎年、子供たちの成長した姿を見るとうれしく思う反面、
会えなくなる寂しさが隣り合わせの状態です。
明後日、私立高校受験日、
3/4・3/5 公立高校受験日、
色々な気持ちは後回しで、先ずは迫りくる受験に向け「気持ち」を高めます。
そして、毎年恒例、小森塾全員合格で「笑顔の卒業式」を約束します。

代表 小森 清敬
 
  • 2015.02.03 Tuesday
  • -
  • 17:41
  • -
  • -

平成26年 冬期講習

冬休みに入り、冬期講習がスタートしました。
中学3年生は高校受験、中学1・2年生は学調対策、
小学6年生は中学受験に向け、全生徒頑張っています。





教室は定員オーバー状態です。
冬期講習は12月7日をもちまして定員に達した為、募集を終了致しました。
夏期講習を含め、定員オーバーで受講できなかった方々、
大変申し訳ございませんでした。

代表 小森 清敬

 
  • 2014.12.22 Monday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -


精華学園高等学校 清水校

精華学園高等学校 清水校ホームページはここをクリック

清水校ブログ

精華学園高等学校 清水校BLOGブログはここをクリック

こもり人生相談所

精華清水RC(陸上クラブ)

21世紀型『寺子屋』小森塾

selected entries

archives

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

links

profile

書いた記事数:20 最後に更新した日:2018/01/20

search this site.

others

mobile

qrcode